技術・設備

HOME > 技術・設備

技術・設備

当社では金型の設計から成形・塗装・蒸着・二次加工・出荷まで社内完結の一貫生産を行っております。

社内で製品のコーディネートすることで工程上の無駄を省き、低コスト・短納期・高品質を実現、お客様への負担も軽減することができます。

また近年では、電子機器の軽量化・薄型化に伴い、プラスチックと金属を併用したデザインが多くなりました。金属装飾の需要が増えてきたため、当社では2009年より金属素材へも一貫加工が出来るよう金属加工(切削・プレス・塗装)を開始。

プラスチックと金属、それぞれの特性を生かしデザイン性に富んだ加飾をご提案致します。

塗装

クリア塗装

蒸着用塗料としては一般的なクリア塗料の塗装です。
蒸着を工程に含む塗装の場合、塗膜毎の表面状態がすべて最終外観に影響を及ぼします。
当社では十分な塗料検証によって最適条件を導きだし、塗装技術者のもと徹底した塗装条件にて塗装を行っておりますので、平滑で意匠性に優れた塗装が可能です。

社内調色

蒸着本来の金属調を損なわず、透明感と彩度に富んだ色調を再現できるようクリア塗料へ独自に調色を行います。
色、艶などご希望の色調に社内で調整を行いますので、バリエーションは無限大であり微調整にも対応出来ます。

カラー塗装

一般塗装と言われる隠蔽性の高い顔料を使用した調色済み塗料の塗装です。
特に近年ではクリア塗装の塗膜形成技術を高く評価頂き、プラスチックはもちろん、金属に対してもクリア塗装同等のスペックでカラー塗装を行っております。

カラー塗装イメージ

スピンドルライン

クラス10,000のクリーンルームを完備し、UV・熱乾塗料を塗装〜乾燥〜硬化まで1ラインで完結させます。
スピンドルの回転により、複雑な形状へもムラなく、平滑性に優れた塗膜を形成できます。
小部品をはじめ、スマートフォンやタブレットのフレームまで、大きさに合わせてラインコントロールが可能です。
蒸着・塗装メーカーとしては世界最大のキャパシティーを有しております。

蒸着

加飾蒸着

プラスチックや金属、ガラスなどの表面にメッキのような鏡面の金属膜を形成します。
不連続蒸着(非導通蒸着)という導電性を有しない金属膜で、電波障害や静電破壊を起こさないため、電子機器への装飾に適しています。
蒸着機も塗装キャパに対して過不足なく有しております。

マルチコート

プラスチックや金属、ガラスの表面に多層の機能膜を形成することで、光の反射率をコントロールし、増反射膜やARコーティング、ハーフミラーなどの加工の他、スマートフォンなどのタッチパネルに防汚処理を施すことが可能です。

マルチコートイメージ

EMIシールド

EMIシールドイメージ

蒸着によって電磁波障害に対して遮蔽性に優れたシールド膜を形成します。
マスキングにてシールドを形成したい部分にピンポイントで蒸着を行います。
複雑な加工面へのシールド形成に有効な方法です。

金属加工

プレス、旋盤切削、MS加工などの加工を製品(デジタルカメラ・携帯電話など)の外装に使用される金属部品に施します。
アルミ・ステンレス・真鍮の材料を日本/中国/韓国/台湾より調達し、日本品質にて加工、また表面処理としてアルミ特有の加飾法であるアルマイトの他、メッキ、金属塗装、印刷(パッド&シルク)、レーザー、色入れも行います。
※金属加工は中国中山工場にて行っております。

金属加工イメージ

ディッピングハードコート

ディッピング方式によってプラスチックの表面に薄膜で透明な硬化膜を形成します。
樹脂本来の特性(透過率など)を損なわず耐擦傷性、耐薬品性をUPすることが可能です。
塗装によるハードコートに比べ膜厚、平滑性に優れ外装部品の液晶パネルやレンズなどにご使用頂けます。

ディッピングハードコートイメージ

射出成形

外装部品への用途が多いクリア樹脂、インフラ事業へ幅広く調整可能な塩ビ樹脂の成形を行っております。
製品及び治具については自社にて金型設計を行っておりますので、ご要求について細かな対応が可能です。
製品形状はもちろん、肉薄なシート成形技術も有しておりますので、切削などの次工程にも対応でき、多面付けによる量産性も確保されています。

射出成形イメージ

二次加工

レーザーマーキング 加工機にて文字のマーキングや塗膜・蒸着膜へレーザーを施すことで、デザインにアクセントを加えられます。
印刷 パッド/シルク印刷機にて製品に印刷。パッドや印刷版の加工も含めお受けしております。
再現性・色調・品質に優れた印刷が可能です。
色入れ ボタンやロゴの凹部分にディスペンサーにて色入れを行います。主にカメラ製品に使われている一般的な技術です。
ASSY・検査 複数部品の組立やASSY前のテープ貼りなどのASSY作業もお受けしております。
当社ではプラスチックに加え金属部品も扱っておりますので、双方を組み合わせた製品を一括でお受けすることが可能です。
また中国工場では本業である装飾部品の検査能力を生かし、検査外注としても高い評価を受けております。

二次加工イメージ

  • 塗装
  • 蒸着
  • 金属加工
  • ディッピングハードコート
  • 射出成形
  • 二次加工

国内拠点

本社 [地図]

〒368-0025
埼玉県秩父市桜木町3-17
Tel. 0494-23-0023

小鹿野工場 [地図]

〒368-0101
埼玉県秩父郡小鹿野町下小鹿野1103-1
Tel. 0494-75-0700

寺尾工場 [地図]

〒368-0056
埼玉県秩父市寺尾3649
Tel. 0494-24-0505

東京オフィス [地図]

〒180-0006
東京都武蔵野市中町1丁目21番8号
イトーピア武蔵野ブランマーク211号
Tel. 0422-60-2860

荒川第一工場 [地図]

〒369-1912
埼玉県秩父市荒川白久1370
Tel. 寺尾工場へお電話ください。

荒川第二工場 [地図]

〒369-1802
埼玉県秩父市荒川上田野800
Tel. 寺尾工場へお電話ください。

海外拠点

中国深圳工場

Block E,E1,D2,Shang Lilang Industrial Site,Nanwan Street,Longgang District, Shenzhen,P.R.CHINA

海外協力会社

TO-PALS(HK)LIMITED

ROOM 805, 8/F, KWONG LOONG TAI BLDG,
1016-1018 TAI NAN WEST STREET, KLN,Hong Kong

TO-PLAS(Z.S.)CO.,LTD.

Block B,No.91 Building,the 4th Qianjin Road, Xin Qianjin village,
Tanzhou town, Zhongshan city,Guangdong,China